スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEと爽快感





どもども。
開設したばかりだというのに、ご無沙汰しておりました。
いやー、仕事しながら教習所に通い、応募用の企画書を作っている時に
風邪を引いてしまうというハプニングがあり、色々焦ってます…w

まあそれはともかく…
そういえば公開されましたね。
「テイルズオブエクシリア(TOX)」のPV第二弾
戦闘大スキーな私としては、やはり気になるのは「システム編

テイルズシリーズは昔から好きですし、
その独自の戦闘システムには毎度楽しませて頂いています。
今回も色々やれて楽しそうだな~と思いましたが、ここではシステムの話は置いといて…
(そもそもプレイしてない状態でシステムのことを話してもしょうがないですしね)
今回はちょこっと「SEと爽快感」について書こうかな、と。
(「SE」は、「効果音」のことですね)

続きは追記にて。


いきなりバサッと斬り捨ててしまいますが、テイルズの攻撃SEって、いつも軽いですよね。
(特に最近は昔にも増してそう感じます)
そこがどうにかならないものかと、少し前までは思っていましたが、最近ふと思いました。
実はわざとそうしているのではないか?と。

SEの良さでいうと、私はトライエースの作品を評価しています。
SO2なんか、今考えたらただのボタン連打ゲーなのに、
何故あそこまで「面白い」と感じることが出来たか?
何故同じ連打ゲーのビヨンドザビヨンドは評価されず、
SO2は評価されたのか?(ちょっと違うか)
まあもちろん、当時としては新しかったアクション制の戦闘システムを採用していたから、
という理由もあると思いますが、それだけではないと思います。
それは、SEの出来が良かったから、ということも要因の一つとしてあると思うんですよね。
特にクリティカル時のSEなんてホント気持ち良い音ですよ、ええ。

話が若干逸れましたが、テイルズシリーズもそのくらいSEに力を入れたら、
もっと良くなるのに…!とかねてから思っていました。
SOシリーズがSEで作り出す爽快感なのに対し、
テイルズシリーズは手数の多さ(コンボを繋げること等)で作り出す爽快感
その方向性の違いはいいのだけれど、
もっとSEにも力を入れたらもっと良くなるのに…そう思っているとふと気付きました。
最近、どんどんSEが軽くなっている印象がありましたが、それと同時に
手数の多さ、仲間との連携、そしてスピーディーさが増している印象もありました。
ということは、手数の多さによるビジュアル的な爽快感の阻害とならないよう、
わざとSEは軽くしているのではないか?
と。

これが真実かどうかを知る術はありませんが、 確かにあれだけ手数が多くてSEも派手
だったら、案外お互い良い部分を消しあってマイナスになってしまうのかも、と思いました。
…まあそれでも、もう少し要所要所で爽快感を得られる良いSEが
あってもいいかもしれませんが、この辺はセンスの問題かもしれないので難しい所ですね。

爽快感の生み出し方」には、色々考える余地がありそうですね。
俺強ぇぇぇぇぇ」で爽快感を生み出す方法もありますし。
そして「爽快感」ってすごくプレイする上での大事な要素だと思うので
(特に、あまり熱心にゲームをやらない層には)、これからも考えていきたいと思います。



スポンサーサイト

theme : ゲーム
genre : ゲーム

comment

Secret

プロフィール

えにしぃ

Author:えにしぃ
某ゲーム開発会社でプランナーの端くれやってる20代の男です。先のことはわかりませんが、今は自分に今出来ることを精一杯やるよう日々精進しております。ブログの詳しい説明は「当ブログについて」、詳細なプロフィールに関しては「自己紹介」をどうぞ!

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。