スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSVITA『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』 雑感


最近RPG漬けな毎日。
先日ドラクエⅦをクリアした後、続けざまにPSVITAの『ペルソナ4』をプレイ開始しました。
元々はドラクエⅦの前のFFⅧの前に、買おうかと思ってたのですが、
ちょうど近場のゲームショップで売り切れ。そこでFFⅧをやろう、ってことになり延び延びに。

自分で買おうと思ってたのですが、会社の同僚に上のような話をしてたら貸してくれる
という話になり、今回は久しぶりに人からゲームを借りてプレイという形になりました。

恥ずかしながらゲームプランナーでありながら、今までペルソナシリーズどころか
アトラスのゲーム自体縁が無くプレイしたことが全くありませんでした。
が、やはりその評判の良さに偽りなし。文句なしに面白かったです。



飛び抜けてこのシステムが面白いとか、お話が面白いとか、そういうことではなく、
『総合力』が抜群に高いからこその面白さなんだろうなーと思います。
どちらかというとアドベンチャー寄りで、アドベンチャーにRPG要素を足した様な感じですが、
そんなゲームデザインで丁寧に磨き上げ、そしてUIや音楽で個性を出し魅力を作る。
グラフィックはユーザーが『面白い』と感じる『一因』だと思いますが、UIもまた侮り難し。

そして音楽やデザインもそうですが凄く方向性にブレが無く一貫されてるんですよね。
これは簡単なようで難しいと思います。
『丁寧な作品作り』というのは、やはり『名作』には欠かせない要素な気がします。



上で少し触れましたが音楽に関して。
私はどっちかというとロックなテイスト(人で言うと桜庭植松イトケン等)が好きなので、
『ペルソナの音楽といえば』で一番に思い浮かぶシャレオツな音楽なんて
絶対好きにならないだろうと思っていましたが、気付いたらサントラを購入してる自分がいた。

いやこれは凄い。もちろん曲自体良いのですが、これはゲームでの使い方がまた上手い。
初めて戦闘に入るときのアニメムービー→戦闘突入の流れで、
音楽で盛り上げ、通常戦闘曲(イントロ有りver)が流れる。そりゃ好きになりますよw

この辺のバッチリ合った演出とか、雰囲気に合った曲作りとかは、
社内に作曲担当の人がいる環境の強みだろうなーって思いましたね。



基本的に同じような流れでストーリーは進んでいくので、
ちょっと中盤以降中だるみしたかな、という印象はありました。
結局プレイ時間も65時間ほどと結構長くなりましたし、もう少しコンパクトでもよかったかなと。

あと、本作はマルチEDで、選択によってはラスダンにすら行かないことがありますが、
ノーマルEDのラスダンをクリアしてから、メインストーリーが進まない期間があるんですよね。
で、最後の最後にある行動を取れば真EDに辿り着くためのダンジョンに行くことが出来る。
この行動というのがちょっと分かり難く、私は起こさずにそのまま進んだので、
結局、ラスボス倒す→何も無い期間が続く→エンディングって感じで、
「え?何も起きずに終了?」ってちょっと肩透かしな感じになったんですよね。
で、終わった後に攻略サイト見たら案の定真のラスダンラスボスがあるということで、
仕切りなおして行動を起こしたのですが、もうエンディングまで見ちゃってるんで、
正直ラスボス倒すぞ!っていうテンションになりきれなかったんですよね。

ノーマルEDと真EDがあるのは良いと思うし、真のラスダンがあるのも良いと思うけど、
その二つのラスダンラスボスの期間を、もう少し詰めた構成にして欲しかったなー、
というのが正直な気持ちです。正直ストーリーが何も進展しない期間は凄く退屈でしたし…



…というわけで最後にちょびっとだけ気になった点を挙げましたが、
全体的に見たらかなり完成度が高く、楽しめました。

作り手側の視点で見ることも度々ありましたが、上手い作り方だなーって思いましたね。
なんていうか、リソースを上手いこと使いまわしてるんですよね。
それで、切る所は潔く切って、一見どうでもよさそうな所に拘る。
(一回か二回しか出てこなかったカップ麺のオブジェとかね)

そのバランスって凄く大切だけどその見極めはおそらく凄く難しいんですよね。
開発のトップの人が凄く有能でその見極めが出来る人だとしても、
色々な大人の事情でどうしようもないことも多々ありますし…



最後に余談。
今回人から借りて初めて気付いたんですけど、VITAって、全てではないですが
ソフト本体にセーブデータを保存する形のものも多くあるんですよね。
しかも、せっかくVITA版で付いたトロフィー機能も、他の本体を使う場合は
データを全て削除しなければならないので結局トロフィー機能は無しでプレイしました。
ソフト本体にセーブデータを保存するタイプではデータの移動や持ち運びが出来ないですし、
そうじゃないソフトもパソコンやwifi環境が必要。(wifiは必須ではないと思いますが)
正直この仕様はどうなんだ?って思いましたが…
PS1の頃からソフトと別にセーブデータを保存できるというのが
PS系ハードの大きな強みだったのに、何故今回このような仕様にしてしまったのだろうか。
何のためのメモカなのだろうか。
おそらく色々なメリットがあるのだろうと思うけども、そのメリットがこちらに届いてこない。

あとまた別の話ですが、ハードでの操作にタッチを強要されるのはどうなんだ、と。
綺麗で大きな液晶なので、出来ればあまりベタベタ触りたくないんですが、
起動するたびタッチ操作を強要されるのはもの凄く煩わしいです。
任天堂ハードはDSにしろWiiにしろ必ずボタン操作にも対応しているのになぁ…
(ソフトで強要はありますが)
この辺、やりたいことや目指すものが
ユーザー配慮よりも上回ってる印象なのがちょっと…って思いました。

…と、話が脱線してしまいましたが(笑)、今回はこの辺で。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

えにしぃ

Author:えにしぃ
某ゲーム開発会社でプランナーの端くれやってる20代の男です。先のことはわかりませんが、今は自分に今出来ることを精一杯やるよう日々精進しております。ブログの詳しい説明は「当ブログについて」、詳細なプロフィールに関しては「自己紹介」をどうぞ!

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。