スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有川浩 『植物図鑑』


風邪を引いておりました。
社内で風邪が大流行していたのでフラグはビンビンに立っていたわけですが、
去年の12月に引いたばかりだし大丈夫だろうという
何の根拠もない理由で油断をしている隙にやられました。
しかしあれですね、最近は頻度が高い上に長引くのがちょっと気になります。
去年初めてちゃんとした健康診断を会社で受けて
ちょいちょい数値の高い項目とかあったりして、
やっぱちょっと身体ヤバくなってきてるのかななんて危機感があったりなかったり。

そんなこんなな風邪でしたが先週の今頃にはもう治りかけてたんですが、
その後謎の無気力状態に陥りまして…。
どれくらい無気力だったかというと、土日には書店に行って色々物色して、
小説以外の面白そうな本を探していくつか読んだりしよう、
漫画も色々買おう、文庫本も何冊か買おうかな、とか考えていたのに、
結局ほとんど探す気にはなれず文庫本を一冊だけ買って帰ってきた、という、
そのくらいの無気力感でした。
(こうやって文に書き起こすと、あれ?大した事ないぞ?と思えるのは良いことですね)



植物図鑑

…というわけで、その買った一冊の文庫本というのが、有川浩さんの『植物図鑑』でした。
有川さんの作品は好きでなので、当然この作品も単行本の時から気になっていたのですが、
何せ『植物』。そしてどうやら内容は食べられる草花を採って料理する、という、
そんな感じの内容らしいという印象だったので、
植物にあまり興味がなく野菜が嫌いな私なので買うには至っていなかったのですが、
この度文庫化されていたので読んでみようと思い購入しました。

率直な感想を書くと、面白かったですし、やはり読みやすいのはさすが有川浩さん。
どのくらい面白くて読みやすかったかというと、
基本、本を読むのが超遅い私が、通常この400ページ超というそこそこな厚みの文庫本を
一日通勤行き帰りで二時間弱の読書時間で読みきろうとしたとき、
平日5日で読み終われるかどうか、という中で、この作品は何と2日で読めてしまったという、
そのくらい面白くて読みやすかったのです。

ただまあ、内容はやはりというかなんというか、
あらかた予想通りで、中盤くらいまでは、一章一章で毎回、
食べられる草花を採って家に持ち帰ってアイデア料理を作って食す、というその繰り返しで、
正直それが最後まで続くのならばちょっとキツイかな、とも思ったのですが、
それでもそこそこなペースで読めたのは、やはり有川浩さんの文章の読みやすさと、
魅力的なキャラクターとそのやり取りを聞いてるだけで楽しいことと、
そしてベースが恋愛モノで、その進展が少なからずあったことのお陰でした。

…で、恋愛モノならば当然あると思っていた展開が、
ちょうどその飽き始めていた中盤の頃にやってきて、
結構恋愛モノならばある意味『ゴール』でもいい展開なのに案外早くにやってきて、
この先まだ半分近くも残ってるのにどうするんだろう?と思ったのと同時に、
やっぱりこの辺りは上手いな~と思わされ、
そこからは物語が一気に動き出したのでグッと読むスピードが上がりましたね。

最初に悲劇的なラストを迎えることを匂わせる書き方をしていたので、
そういう展開が来ることも予測できていましたが、
最終的にはハッピーエンドになってくれたので良かったです。
結構悲劇的なラストで〆る作品も多いですからね。
でもやっぱりハッピーエンドが一番ですよ。王道大好きな私としては特にね。

結構話の展開はベタっちゃベタで、それに植物の情報やアイデア料理を盛り込んだだけ、
という内容なのですが、何ていうか言葉にしにくいんですが、
有川さんの作るキャラたちが作るその『空気感』というか、そういうものが結構居心地良くて、
だからこそベタでも世界に愛着が持てて楽しく読めるのかなー、と思いました。
今回は特に他の作品よりも『日常』が数多く描かれ、非現実要素が少ないので、
特に感情移入して読んでしまったのかもしれません。
しかし、この『居心地の良い空気感』というのは結構諸刃の剣で、
読み終わった後に結構引きずってしまうのが玉にキズだったり…
今も別の小説を読んでいるのにまだ心半分この作品の世界から抜け出せずにいます。
まあでも、そういう作品は心にずっと残りますし、
どんな媒体であれ、自分もそういう作品を作りたいなーと思いますが…。

ともあれまた一歩進んで有川ワールドの虜になった私ですが、
まだまだ読んでない作品もあるので、引き続き色々読んでみようかなー、と思っています。
まだ有川作品を読んだことのない人には、『シアター!』をオススメします。

ちなみに冒頭で述べた無気力状態はこの作品のお陰でいつの間にか吹っ飛びました。
所詮その程度ということですよ。ハハハッ
いや、作品の素晴らしさゆえ、かもしれませんが。
スポンサーサイト

comment

Secret

おお…文庫本になってたので僕も気になってました。
数年前にある程度立ち読みして雰囲気だけは覚えてます。ニヤニヤを抑えるのが少し大変だったという…。いずれまたちゃんと読みたいです。
それにしても通勤時間かかりますね。それは有効に利用したいところですね…。

追記。
そういえば知人も風邪を引いておりました。お身体お気をつけて~。

No title

こんにちは~。

そうでしたかー!
まあ確かに、幸せな雰囲気での日常が描かれるのでニヤニヤも分かります(笑)
自転車や歩きではなく電車なら、時間がかかっても色々その時間を有効活用できるのは電車通勤の良いところですよね。

風邪流行ってますからねぇー。
まあ私はインフルエンザではないだけマシだったと思いますが…
いつきんさんもお気をつけて!
プロフィール

えにしぃ

Author:えにしぃ
某ゲーム開発会社でプランナーの端くれやってる20代の男です。先のことはわかりませんが、今は自分に今出来ることを精一杯やるよう日々精進しております。ブログの詳しい説明は「当ブログについて」、詳細なプロフィールに関しては「自己紹介」をどうぞ!

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。