スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってきましたTGSビジネスデイ!


TGSビジネスデイ

というわけで、お久しぶりの更新となってしまいましたが、
タイトルの通り、東京ゲームショウ2011に行って参りました。
しかも何と今回はビジネスデイ。自分でもビックリですw
何となくビジネスデイは流通や記者関係者のみって印象だったので、
ゲーム開発会社の人も行けるとは思っていませんでした。
が、毎年、出展されるメーカーさん(パブリッシャーとして関わってるメーカーさん)から
チケットを頂いているらしく、運良く私も行かせて頂けることになりました。
ちなみに、上の画像はパンフレットと入場者用パスです。
ネット上での事前登録でミスがあり業種が「流通」になっちゃってますが…w

で、やはりビジネスデイの特権といえば、一般日に比べて人が少ないこと!
(それでも想像よりは結構いましたが…。まあ、こんな一開発会社のペーペーの人間が
行けるくらいですからね。モンハンなんて午前中に整理券全部無くなるし)
その為、一般日の時よりも、多くのタイトルの試遊が出来ました。
なので、試遊したタイトルと映像見て気になったタイトルの感想でも書こうかと思いまして…
ただし、一般日の時より試遊出来たとはいえ、
前述の通りそこそこ人もいたので、そんなに多くのタイトルは試遊出来ませんでした。
タイトル数でいうと6タイトルほど。
試遊したかったけど時間的に無理だったタイトルも多数あります。
なので、あまり多くを求めず、ゆる~い視点で見ていただければ、と思います^^;

まず先に試遊してきたタイトルだけ書いちゃいますね。
今回試遊してきたのは、
3DS/ラビリンスの彼方
PSP/フロンティアゲート
PS3/アンチャーテッド-砂漠に眠るアトランティス-
PSV/グラビティデイズ
PS3/ドラゴンズドグマ
3DS/シアトリズム ファイナルファンタジー
(試遊順)
以上6タイトルです。

以下それぞれのタイトルに関し詳しく書いていきます。
長くなるので続きは追記で。


さてさて。
では早速、まずは『ラビリンスの彼方』から。
今回、私の中での目玉の一つでした。
私がトライエース信者だから、というのももちろんあるのですが、
純粋にその謎に満ちたゲームデザインが気になっていて、発表時から注目していました。
今回プレイアブル出展されてるということで、
これはもう試遊するしかないだろう!」と思いプレイしてきました。

本作のジャンルは『3DダンジョンRPG』。
試遊前は、既存のそれとは少し毛色の違うものになるのでは?と想像していましたが、
試遊して「良くも悪くもちゃんと3DダンジョンRPGしてるな」と考えを改めました。
いや、試遊はホント触りの部分だけみたいですし、私自身このジャンルはそんなに
プレイしてきていないので、断言してしまうのもどうかと思いますが、
もっと既存の枠から外れたものになっていると思っていたので、
意外と?しっかりジャンルに 沿っている感じがしたことに少しだけ驚きました。

しかし、その既存の3DダンジョンRPGという枠に乗っかっているのが、
少女」というアブノーマルな要素。
試遊では、まだその特異性というか「3DダンジョンRPGと少女の要素が上手く融合して
新たな体験を得られるゲームになっている
」と言えるほどのものは見えませんでした。
しかしながら、今まで割とストイックな、コアゲーマーが好むジャンルだった(ように思う)
3DダンジョンRPGに、少女という要素を足し、少し恋愛シミュレーションや一般的なRPGや
アドベンチャーのようなゲーム性を持たせることで、もう少しライトな層を引っ張ってこれる
ポテンシャルを持つゲーム
になっているのではないかなーとは思いました。
まあ、コアゲーマーが~というのは偏見かもしれませんし、既にそのユーザー層の拡大は、
『世界樹の迷宮』などの作品が成していることかもしれませんが。
しかし、確実にそのような作品が作り出した方向性とは別の、
3DダンジョンRPGの新たな方向性を、見せてくれているような可能性は感じます。
その方向性が上手くいくかどうかはわかりませんが、
どういう作品に仕上がるか、という点では純粋に楽しみです。

…なんか全然具体的な試遊してきての感想書いてませんね^^;
いや、正直短い試遊時間でやれることも限られていたので、感想も難しいんですよね。
とりあえず少女は可愛いです。
断じてロリコンでは無いですが、可愛いです
プレイヤーがあっちこっち動き回っても、それに付いて来て画面内に現れ、
その過程での挙動や言動などにとても愛嬌があります
これでゲーム部分がストイックでハードなゲーム性だとすると、
この少女の存在が一服の清涼剤となり、良いバランスになるかもしれませんね。



続いて『フロンティアゲート
既に体験版はプレイ済みでした。
こちらも同じくトライエース製ですので、発表時からチェックしていましたし当然発売日に
購入する予定でしたが、体験版と今回のプレイで、ちょっと迷いが生じました^^;
いや、決して「ゲーム自体が駄目だから」ということではないんです

この作品はいわゆるモンハンのようなマルチプレイ推奨のクエスト受注型ゲームです。
私はその手の作品を毛嫌いしてる部分があり(個人的にあまり楽しさを見出せない)、
今回はどうかな?とプレイしてみましたが、やはりあまりのめり込めない自分がいました。

私は「新しい体験や感動」というものをよくゲームには求めるので、
必然的に斬新なシステムなどを採用してる作品を好んでプレイしていて、だからこそ、
社風として「常に新しいこと」を考えてゲームを作られているトライエースの作品を
好き好んでプレイしていましたが、本作はその「トライエースらしい新しい挑戦」が
ビックリするほど無いんですよね。
戦闘システムも、正直それほど魅力を感じませんでしたし。
それに加え、私が苦手とするクエスト受注型進行。
信者フィルターを持ってしても購入を渋ってしまうのは、
そこら辺にあるのだろうなーと思いました(どうでもいい話ですけど)。

とりあえずモンハン型のマルチプレイゲームが好きな人にとってどうかはわかりませんが、
マルチはおそらくやらないであろう私としては、購入するかどうかは今のところ微妙です。
(それでも「微妙」ってのが凄いよね。信者すぎるよね)



続いて『アンチャーテッド-砂漠に眠るアトランティス-
これは、正直、あまり書くことがありません。
とはいえ、それはゲームがどうこうという話では無く完全に私自身のせいなのですが^^;

私はアンチャシリーズは未経験だったのですが、その映画の1シーンを自身が介入して
体験出来るようなゲームデザイン
をいつかは体験したいと考えていたので、
今回待ち時間もそれほど多くなかったので試遊してみることにしました。
が、私が求めていたのは「アドベンチャー部分」だったのに対し、
試遊で用意されていたのはいわゆる「ドンパチゲー」の「マルチプレイモード」でした。
完全に事前に情報を取得していなかった私のミスです。
いや、もっと言うと列に並ぶ前に試遊画面を見て確かめれば良かったのですけど、
アンチャにこのようなモードが搭載されていることすら知らなかったので、
普通に気軽な気持ちで何も見ずに列に並んでしまいました

私がこのゲームに求めていた部分とは違うので、ここでゲーム部分の感想は書きません。
マルチプレイの感想を知りたかった方もしいましたら期待させてしまい申し訳ないです。
普通にシングルのアドベンチャー部分は興味があるので、
折角先日ようやくPS3を購入できたこともありますし、購入しようかなーとは思っています。



続いて『グラビティデイズ
今回の私の中での目玉の二つ目です。
目玉なのに何故試遊はこんな後回しなのか?というのは、
実はあまりにも待機列が長すぎて、並ぶこと自体に制限がかかっていたからです^^;
(まあこの人の多さはこの作品のみではなくPSVITAのほとんどの作品がそうでしたが。
その中でもこの作品は特に待ち時間が長かった)
結局待ち時間としては二時間ほど
かなり持っていかれました。が、やはりプレイ出来て良かったなとは思いました。

発表時から気になっていたタイトルです。
私もこのような「重力を操ってどうこうする」というアクションを思い描いたことがあったので、
共感というか、何か私の妄想を具現化した作品のように思えて期待していました。

チュートリアル部分しか体験出来なかったので、まだ何とも言えない部分もあるのですが、
やはりこのゲームの最大の魅力は、重力を自在に操れることで、ビルの側面など
通常進行不可能な場所に「自由に」行き来でき、非常に三次元的にマップを
駆け巡ることが出来ること
なんじゃないかなーと思います。
この部分を活かした魅力的なレベルデザイン(マップの構造設計)が成されていると、
「駆け巡るだけで楽しいゲーム」に成り得ると思うので、その部分に期待したいです。

そうそう、どうでもいい話かもしれませんが、浮遊状態になった時、近くに街人がいる場合、
その人も巻き込んで浮遊状態にさせる、というのもちょっと面白いな~と思いました。
(「うわぁ~」とか焦った挙動をするので芸が細かい)
この「周りの存在にも無重力環境を適用させる」という点が、
ゲーム中どのように関わってくるかも、楽しみです。

また、グラフィック表現にも魅力を感じました
ハード性能の高さも相まって非常に味のある綺麗な良い画面ですね。

とりあえずソフト面的にも金銭面的にも難があり発売日付近にVITAは買わないと思うので、
この作品が発売される来年二月に、この作品と共にハードも買おうかなーと考えています。



続いての作品に行く前に、
折角触ってきたのでここで『PSVITAというハードに関しても少しだけ
まず最初に実機を見た印象として大きかったのが、画面の大きさと液晶の綺麗さ
おそらくPSPと比べてそこまで大きな変化ではないと思うのですが、
PSPと似たデザインだからこそ、非常に大きく感じました。

しかし、画面を大きくした所為か、本体自体も当然PSPより大きくなっていて、
若干持ち難いかな…?」と思う部分もありました。
縦に長くなってるので、PSPに慣れてるとどうしても違和感がありました。 
まあ、製品版ではなく下部分にコードなども付いていたので、
何にも無い状態の製品版を実際に触ったら、また違うかもしれませんが。
あと、十字キーと四つのボタンがかなり小さい
慣れるまではちょっと押しにくいかもしれないですし、手の大きい人にはキツイかも。
十字キーはPSPよりも出っ張り分が少なく薄いので、ちょっと誤操作が出そうな感じも。
アナログパッド二つも小さいですが、これは特に問題なかったと思います。

実際に製品版を長時間触ってみないことには何とも言えない部分かもしれませんが、
ボタンの小ささは、ちょっと疑問に思いました。
割と余白もある感じだったのでやろうとすればもう少し大きく…せめてPSPと同じサイズに
出来たような印象もあったのですが、内部構造的に難しいんですかね。
まあ、十分検証されてることだと思うので、慣れれば気にならないのかもしれませんが。



続いて『ドラゴンズドグマ
会社の中で一番何かと話題になっているのがこの作品だったので、
待ち時間は約50分と少々長かったですが試遊してきました。

基本的な部分は、「パーティ制のデモンズかな?」という感じの印象だったのですが、
本作の魅力、ウリは、やはり「巨大なモンスターとの戦い」なのかなーと感じました。
巨大なモンスターに捕まり、よじ登って攻撃、というアクションが面白いです。
空を飛ぶモンスターなんかは、捕まられた後も苦しみながら再び空中に飛び上がったりして、
非常に立体的かつリアルな戦いを表現出来る

またグラフィックもかなり美麗で、
だからこそこれらの要素に説得力を感じ、面白さを感じるんだと思いました。
こういうのを体験すると、やっぱり次世代機だな~って感じます。
(まあもう次世代機じゃなくて現世代機なんですが)
従来のハードでは出来なかった表現
やはりこういう「そのハードでしか出来ない表現」を追及した作品は良いですね。
(この場合は、「HD機のスペックで」という意味で)
このような、そのハード、そのスペック、その特性が無ければ表現できない作品
もっともっと増えてくれると良いですね。
今まであまり興味を持っていなかったのですが、ちょっと興味を持ちました。

余談ですが、カプコンのコンパニオンの衣装は非常にエロかったです。
ちょっとネットでも話題になってましたが、大体は正面からの写真ですよね。
でも、この衣装の真骨頂は、むしろ後ろにあると後ろから見て私は確信しました。
下のハーフパンツがもの凄い短いので、
後ろはお尻の肉がはみ出てるのですよ!
ハミケツなのですよ!!
…この辺で自重しておきます。



さて、最後の作品は『シアトリズム ファイナルファンタジー』です。
簡単に言うとFFの音ゲー
発売前から何やかんやと言われていますが、
やっぱり植松好きであり音ゲー好きでもある私としては、気になるタイトルです。

プレイしてみた率直な感想としては、同人っぽい粗末な部分も見え隠れするけど、
割と純粋に音ゲーとして楽しめる
。という感じ。
さすがにFFの音楽を特に好き好んでいない人には無理でしょうけど、
FFの音楽が好きで、音ゲーも好きなら、普通に楽しめるレベル

ただ、やはり操作形態が似てるためか、
マイベスト音ゲーの『押忍!闘え!応援団』と比較してしまう部分はあります。
これ、下画面をタッチで操作するのですが、マーカーが現れるのは上画面なんですよね。
タッチのタイミングだけを判定するものもありますが、一部は位置」も必要とします。
そうなると、やっぱり下画面にマーカーを表示して、
直接それをタッチする方が直感的でやり易いよな~と感じるわけです。
ただ、3DSは上画面が3Dですし、マーカーと画面構成を少し組み合わせて表現してることを
考えると、安易に全部下画面にする、マーカーとキャラクターの表示を上下で別々にする、
というのもまた微妙なので難しい所ですが…
上下でタッチ以外差の無かったDSと比べて、3DSは上がワイドで3D対応してるので、
どうしても重要な画面は上画面に表示せざるを得なく、こういう場合ちょっと難しいですね。

しかしまあ、現状のままでもいいと言えばいいので、
FFの音ゲーとして、純粋に楽しみたい・期待したいですね。
そしてあとは選曲ですね。
試遊のバージョンでは一タイトル3曲ずつ表示されていましたので、
順当にいくと全部で13タイトルなので39曲かな? 
全体の曲数で言うと多いですが、一タイトル3曲と考えると少ない
「全タイトルの音楽が好き」という人もそういないでしょうから、この辺りは難しいところ。
ただ、現状で6の「仲間を求めて」が無いのはあり得ないです、個人的にw
いかにユーザーの求める曲を収録出来るか?ということもポイントでしょうね。
(まあ音ゲー全般に言えることかもしれませんが)
後々ネット経由で追加曲などもあると良いですね。



試遊したタイトルの感想はここまで。
ここからは、映像だけ見て気になったタイトルを。

PSV『WIPEOUT 2048
完全にF-ZERO
しかし、F-ZEROのあの世界観やスピード感が好きな私としては、
ちょっとそそられるものを感じました。
PSVITAの美しい画面であの表現を体感すると、凄く面白そう。
F-ZEROの新作が出る気配が無いので、これは普通に買ってしまいそうです。
試遊したかったのですが、PSVITAのタイトルはどれも待ち時間が長いので断念。

PSV『サワリ・マ・ク~ル
PSVITAの特性をフル活用した「導入」的な作品。
PSVITAで最初にプレイするソフトとして凄く良さそう。
ただ、私は発売してすぐには買わないので、これも買うかどうかは微妙ですが。

PSV『リアリティファイター
顔写真を撮って自分そっくりなキャラクターを作り、
AR技術によりリアルな街中を舞台にして格闘対戦が行える作品。
『ドラゴンズドグマ』同様、ハードのスペックや特性に合わせて作られた作品。
とても面白い取り組みだな~と思いました。
特にリアルな街並みを舞台に出来るというのは面白い。
しかもあらかじめ用意されているのではなく自分が望む場所で。
こういう技術を活かしたソフトがもっとたくさん出てくると面白いですね。

PSV『ESCAPE PLAN
詳しいゲームの内容はわからないのですが、映像を見た感じでは、キャラクターを操作して、
様々な罠を回避しながら何処かから脱出する?ゲームのような感じ。
凄く画作りが個性的で惹かれました。
キャラクターが酷い罠によってそれはもう惨たらしい死に方(潰されたり)するのですが、
その描き方が非常にリアルなのに適度にデフォルメされてるお陰で
嫌悪感には至らないギリギリのバランスを保ってる
のがすごく良いですね。
死に方がリアルだからこそ「恐怖感」を生み、スリリングな「脱出劇」を楽しめる(のかな?)。
今後どうなるかはわかりませんが、今のところは買いたいな~と思う一作。

PS3/XBOX360『ロリポップチェーンソー
これは以前から少し興味を持っていましたが。
アクション面として、凄くヒットストップ(攻撃が敵に当たる瞬間、一瞬止まること)が
かけられているのを見て、「あ、自分好みだ」と思いましたw
同じアクションゲームでも、全然ヒットストップをかけていない作品と、
大きくかけている作品とがありますが、私は(ものにもよりますが)大きくヒットストップを
かけているアクションの方が好きなので、これは少し惹かれました。
まあ、主人公のエロさもそりゃあ当然惹かれる要素の一つとしてありますが…w
可愛らしいポップな雰囲気とゾンビというアンバランスさ
そしてかなり馬鹿ゲーっぽいノリが面白そうに感じました。

こんなもんですかねー。
「見てきた映像」といっても、実質PSVITA待ち時間に見ていたPS系映像が主なので、
結局ここで挙げるタイトルも全てPS系になってしまいましたが…w
でもまあ今回の目玉は何と言ってもPSVITAですし、
その映像が多くなるのも必然ということでひとつ。



今回初めてビジネスデイに行って来ました。
想像よりも人が多かったとはいえ、やはり一般日に比べると雲泥の差。
そのお陰で多くの作品に触れることが出来ました。
とてもとても有り難いことです。
来年もまた来れるよう、精一杯頑張りたいと思います。
それでは。

スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【行ってきましたTGSビ】

というわけで、お久しぶりの更新となってしまいましたが、 タイトルの通り、東京ゲームショウ2011に行って

comment

Secret

プロフィール

えにしぃ

Author:えにしぃ
某ゲーム開発会社でプランナーの端くれやってる20代の男です。先のことはわかりませんが、今は自分に今出来ることを精一杯やるよう日々精進しております。ブログの詳しい説明は「当ブログについて」、詳細なプロフィールに関しては「自己紹介」をどうぞ!

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。