スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム会社の採用面接に行って来ました


どもども。
またまた放置しておりましたが、とりあえず就職活動の方が一段落したので、
また更新したいと思います。

今回は、前回から現在までの私の状況報告と、受けてきた面接などの内容に関して。

以前更新した際には、二社から返事が返って来て、 一社書類選考通過、一社不採用、
という状況だということを書きましたが、その後どうなったかと言いますと…
10社中、書類選考通過3社不採用5社未返答2社。という内訳になりました。
未返答の所なのですが、「合否に関わらず連絡」という旨があるにも関わらず、
記載されている選考期間を過ぎても連絡が来ません^^; 
郵送の不手際なのか、ただ単に返答し忘れてるのか…
はたまた応募者多数の為遅れてるのか…わかりませんが、いずれにせよ、
実はこの未返答の二社…一社は正社員、一社はアルバイトなのですが、
どちらもその形態の第一志望の所なんですよね^^;
まさかの「第一志望から返答なし」という
もの凄く不幸な出来事が起きてしまったわけですが…w
まあ、この際もうしょうがないです。

で、通過した三社ですが、一社はモバイル系の会社でアルバイト。
もう二社は普通にゲームの開発会社で、プランナーとして正社員or契約社員という形です。
最初の一社は一足早く先週面接に行ってきたのですが、
そこで受けた説明から業務内容がちょっと想像してたものと違い
もし受かっても「どうかな~」と思っていたのですが、
先日めでたく「不採用」の通知が届きました。
ちょっと上から目線でいた自分を殴りたいです。ハイ。

で、肝心の二社。
何しろまともな就職活動をしたことが無い私なので、
ビルの中にあるオフィスなんかも行ったことが無い!
ま~ビビリまくりでしたね…w
面接が始まるまでの時間待合室で待つのですが、
何事も無かったかのように帰ろうかとも一瞬思いました。ホント一瞬ですが。
それだけ追い詰められていました。
まあそれは全てが初体験だった一社目の方で、
もう一社は一回目の経験がある分大分気持ち的には楽でしたが…。
でも一社目の方はホントに待ってる間は様々な不安なことが頭の中を巡りましたね。
面接官は何人居るんだろう…出来れば一対一が良い…でもまあ多くても3人くらいだろう…
とか思っていざ扉を開けると5人も居たのにはビックリしましたけどね…w
何この圧迫面接!(意味違いますが)
ちなみに二社目はフツーに三人でした。

こうして無事?三つの面接を乗り越えたわけですが、それらの面接を通して感じたことは、
いかに自分が知識が乏しく、上手く喋る能力が無いか、ということでした。
特に語彙力の無さ表現力の無さには、自分で喋りながらうんざりしていました。
(おいおいその単語使うの何回目だよ…みたいな)

そして、プランナーの二社は、面接とは別に筆記試験…「プランナー用の課題」というものも
行ったのですが、これが非常に難しくて難しくて…^^;
多分、実際のプランナーの仕事に則した内容なんだと思いますが、ぶっちゃけ、
私は「ゲーム開発」という立場としては、「RPGの企画」しか考えたことが無く、またそれも
大まかな概要やシステムの要点を考え書いただけのもので、
例えばRPGの各要素…メッセージのやり取りとか、ダンジョンマップの構成とか、
そういうものを考えるのって、今まで一度もしたことが無かったんですよね。
でもそれはプランナーとして確実にやる仕事であり、
そしてそれを出来るかどうかを見る為に、課題をやらせる、と。
制限時間があると、焦ってしまい、中々良いアイデアが出にくく、またそれを形にするのは
難しいものですが、「短時間の割には良いものが出来たかも…?」と思うものもあれば、
うわ全然駄目だこれw」と思うものもありました。
ここでもまた知識の乏しさなどを思い知りましたね。

あと、実際に現場の方々と話していて感じたんですが、
凄く皆さん(といっても面接官の数人ですが)「現実的だな」と感じました。
まあこの辺りは会社や人にもよるのかもしれませんが、
でもやはり「大人」として行う「仕事」ですからね。
夢や理想だけじゃ食っていけねぇよ!ってことなんでしょう。
これはどの業種でもいえることだと思いますが。
アマチュアとプロフェッショナルの壁というものを見た気がします。

とりあえず今後に関しては、まあおそらく今回受けた二社は駄目だと思うので、
以前の想定通り、デバッガーのアルバイトをやろうかな、と思ってます。
ただ、あまり良いタイミングで良い募集が無いので、次の家賃を払う為に、
短期のフツーのバイトでもしようかな、と考えています。

最後に…
このブログを見て下さってる方で、どれ程クリエイター志望の方がいるかわかりませんが
(0かもしれませんが…w)、今度面接受けに行くぞ!とかって人の為に、
どのような質問がされたか、どのような課題が出たかを、覚えている範囲で、
参考までに載せておきたいと思います。

まずはプランナーとしての課題から。
・レベルデザインに関しての考察
・RPGで、クエストを受けた時のメッセージのやり取り
・敵キャラクター(絵有り)の攻撃パターンやアルゴリズム
・知らない人に向けての「じゃんけん」ルール説明
・ダンジョンマップの企画・構成
・カジュアルゲームの企画
などなど。
どれもじっくり考えればそこそこな物が考えられそうな課題ですが、
時間制限有りだと、中々難しいものです。
多分、その状況下でどれ程のものを考えられるか、ということも課題の一部なのでしょうね。

で、次に面接での質問
・自己紹介・自己PR
・志望理由
・課題の説明
この三つは二社ともです。上二つはまあ定番ですね。
課題の説明は、時間に追われて半分勢いで書いたものだと、
説明するのが若干難しかったりします^^;

あとは記憶に残っていてめぼしい質問を。
・過去にどういう失敗をしてどう乗り越えたか
・自分の性格は?
・何故ゲーム業界か
・今自分でしている勉強などは?
・自分の中で一番良いと思ったゲームタイトルは?
・好きなゲームジャンルと、他によくプレイするゲームジャンル
・最近買ったゲームは何で、いつ頃か
・プランナーとして、どういう部分を担当することに興味があるか
(ストーリー、戦闘システム、など)

こんな感じですかね。
細かいのを含めればもっとあるし、雑談みたいな中から生まれたものもあります。
あ、そうそう、もう一つ。「帰ったら何したい?」という質問もありました。
上記の質問は割とすんなり答えられたのですが、意外とこれは悩みました
現実には、ダラダラとパソコン向かったりゲームしたりマンガ読んだり、
って感じなんだけど、そうと答えるわけにもいかず…w
結局ちょっと優等生的な回答をしてしまいました^^;
もう少し人柄を知りたい、という理由なので、これはちょっと失敗したかな、と思いましたね。

まあ何はともあれ、これから面接受けに行く方や、これからゲーム業界目指そうかなーとか
考えている方の、参考になれば幸いです。
とりあえず私は、今現在やれるだけのことはやったと思うので、
後は座して結果を待ちたいと思います…w
では!

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

えにしぃ

Author:えにしぃ
某ゲーム開発会社でプランナーの端くれやってる20代の男です。先のことはわかりませんが、今は自分に今出来ることを精一杯やるよう日々精進しております。ブログの詳しい説明は「当ブログについて」、詳細なプロフィールに関しては「自己紹介」をどうぞ!

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。